トロフィーは競技別なものを贈ると喜ばれます

トロフィーは色々な記念でもらえる事が出来るものですが、もらった時には嬉しくなるものでもあります。ただ、試合に勝った時や、優勝したと言うような時にもらえるのは当然ですが、それだけでなく、達成した記念としても利用出来ます。達成したと言うのは、小学生の野球ならば小学6年生になって引退をする記念として、最後までよくがんばりましたと言う意味合いで贈ると言う事も良いでしょう。また中学生のバドミントン部ならば中学校を卒業する時に、3年間よくがんばりましたと言う意味あいで部員全員に贈ると言うのもいい記念になります。このように、ただ勝者に対して贈るのではなく、勝者にはなれなかったものの、一生懸命努力をしたと言う人に贈る事も出来るものなのです。そのようにしてもらったトロフィーはその人の自信なって残るものです。見るたびに、達成した自分自身を思い出すため、何かあった時もやる気につながるものとなります。その時にこのトロフィーを競技別のものにすると、さらに記憶に残るものとなります。競技別とはサッカーならサッカーの、野球ならば野球のと言ったように、それぞれの競技にあった形をしたものがあるので、それを贈るとますます喜ばれる事になります。

トロフィーを争う競技の素晴らしさ

一つの事を達成しようと言う素晴らしさは確かに存在しますが、その傍らでその一つを争う事にも、非常に大きな魅力があります。それがいわゆる競技というもので、それによってお互いの選手同士が触発し合い、より自分たちを高めて行く事に繋げる事が出来るのです。最終的に立派なトロフィーが用意されており、その事実は否が応でも選手達のモチベーションを高める事になるでしょう。どんな内容の競技においても、表彰されるようになるまで努力をし、自分を高める事はとても素晴らしい事です。並大抵の努力でそこまでは到達出来ませんし、それを実際に行う事が出たという人を見る事で、第三者としても勇気付けられる事になるでしょう。一つのトロフィーを争う事が、さらにその一つ一つのレベルを高める事に繋がり、そしてその内容の競技を定期的に何度も行う事によって、全体的なレベルの向上にも繋がるのです。毎回、どんなジャンルにおいても、こういっものが行われるたびに盛り上がり、応援をしたくなります。トロフィーを実際に取得している選手を見ると、自分も頑張らなければならないという衝動に駆られる事でしょう。この素晴らしい瞬間を是非とも毎回、見逃さない様にしたいものです。