競技によるトロフィーの違い

もし何かのスポーツ大会に優勝すると、大きな大会ならば必ずと言っていいほどトロフィーをもらうことができます。これらはたいてい競技によって形が変わってきます。たとえば、野球ならばバットとボール、サッカーならば選手とボールもしくは足とボール、ゴルフならばスイングしている姿、バスケットならばドリブルしている姿、バレーならばレシーブしている姿、陸上競技でも走る競技ならば走っている姿、高跳びならば飛んでいる姿、水泳ならば泳いでいる姿、競馬ならば馬が走っている姿など、それぞれ種類によってトロフィーの形は変わってきます。スポーツでなくても、ピアノやバレエ、ダンス、絵画や彫刻など、芸術分野でも大会はあるので、そこでも優勝すればトロフィーを贈呈されることとなります。もちろんここでも分野によって形は変わってきます。芸術分野に関しては、表彰状という形になることもあります。このように競う分野によって様々な形になりますが、大会によってはまれに決まった形のものになっていたり、祝杯の形で固定されていたりするものもあります。これらは自治体や地方団体での大会などで贈呈されることが多いようです。いずれにせよ自分が行ったことが形として残るので、よい記念になるのは間違いありません。

競技の最後に待っているトロフィーを取得する為に

どんな競技でも大体の場合用意されているのが、全ての参加者が目標とする表彰台であり、そこで手渡されるトロフィーです。そして、これがあるからこそ、参加者は心血を注いでひたすらに己を高め、一つの事を競い合うのです。自分が一番努力して来たと言う事、そして何よりも自分の実力が一番頂点にあると言う事を証明する為にも、その輝ける栄光のシンボル、トロフィーを目指して頑張っているのです。平均して、最終的にそういった思いをする事が出来る選手と言うのは、最初からそうなるように、自分を信じて止まない人ばかりです。最初から物怖じしてしまっていると、体がどうして縮んでしまって全力を出す事が出来ません。なので、そうならない様に普段から強い意志を持って取り組む事が大事なのです。そして、いざその競技に参加する事になったら、最高の結果を出せるように、捨て身となって全力で頑張る事が肝心と言えるでしょう。そんな思い切った思いでぶつかる事が出来た人には、最終的に輝ける栄光のトロフィーが待ってるのです。実際に手にした時、その競技に今まで限りない努力を続けて来たその全てが報われる事になります。その瞬間を目指して、選手は己を高め続けているのです。